日本一の米は通販で手に入れる

2017年特Aの日本一おいしい米紹介

2017年食味ランキング特Aを受賞した日本一の米を紹介したいと思います。美味しい米と言ったらしっとりしなやか、なめらかでモチモチ、歯ごたえ充分な米がいいですよね。その中でも食味ランキング特Aを27年連続受賞している地域、新潟県魚沼地方が見どころです。南魚沼市塩沢地区は特に魚沼地区の中でも一番美味しい米がとれる地域なんです。そのおいしい米の名前は塩沢産コシヒカリです。同じ農家さんが「塩沢産コシヒカリはおいしい」など評判はすごく良くファンも多くいるそうです。日本一の米と言ったら塩沢産コシヒカリと言ってもいいくらいの米です。塩沢コシヒカリは、作られる土地が他の土地よりも地力が高く肥料もあまりつかわずに他の地域と同じ量収穫しているようです。塩沢コシヒカリはつや、香り、粘り、甘みをすべてもっているとても良い米です。ぜひ参考になればうれしいです。

日本一美味しい米ならコシヒカリ

日本一美味しい米ならやっぱりコシヒカリです。コシヒカリは品種改良をかさね福島県と新潟県で栽培され始め、現在は全国で作られ作付面積では日本一で、収穫量は銘柄米の30%以上を占めるとても人気のある米です。日本人好みで粘り気があり冷めても美味しく、和食に欠かせない食材であるばかりでなく、洋風料理店でもまたコンビニのおにぎりにも使われています。コシヒカリは東北地方から南九州に至るまで広範囲で栽培されていますが、最も人気があるのはやはり新潟米で特に魚沼のコシヒカリは味も格別です。値段は5キロで3000円ぐらいから4500円程とやや高めですが、品質の良さで根強い人気があります。家庭で食べるばかりでなく贈答用にも使われ、新米の出る9月から12月は注文が殺到することさえあります。和食離れと言われていますが、コシヒカリがすたれることはなさそうです。

優れた食味の品種と美味しい米を探すコツ

米は、品質と食味の評価に基づいて価値が決まります。整った形の米粒の割合、傷の有無などを重視した検査によって米の等級・品質は定められています。等級が高い品種は品質だけでなく、食味も高いケースが一般的です。一方、食味は毎年全国規模で実施されている官能試験を通じてランク付けされています。特Aランクの一等米を探すことが真に美味しい米に出会うコツです。日本屈指のブランド米としてコシヒカリが有名ですが、その他にも特Aの食味ランクを獲得している美味しい品種は数多く流通しています。北海道産のゆめぴりかは、コシヒカリを上回る優れた食味を備えており、日本一美味しい米として注目を集めています。時間が経過しても御飯がパサつかず劣化しない点が大きな魅力です。米本来の旨味や甘味を強く感じられる山形県産のつや姫も国内各地で好評を博しており、高い人気を維持しています。